【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

塩分の摂り過ぎはハゲるのか

      2016/07/19

塩分の摂り過ぎはハゲるのか

一般的には塩分の摂り過ぎはハゲにつながるんじゃないかというイメージがある人が多いかと思います。
ラーメンとかの塩分が多そうな食べものが好きな私としては、

「AGAは体質が一番の原因だよハゲ!どんだけ塩分控えたってハゲる奴はハゲるんだよ!」

といいたいところです。
しかしながら、大抵の健康的な生活は薄毛対策としてしておいて損はないということもまたあります。

塩分はなぜハゲにつながるリスクがあるか

塩分の摂り過ぎは健康によくないのはご存知の通りです。
高血圧になって動脈効果になってと健康によくない塩分の摂り過ぎは、血流が悪くなって頭皮に十分な栄養が届かなくなる恐れがあります。
これはもう想像に難くないですね。

あとは出典がわからない情報ではありましたが、塩は知覚神経を刺激することでCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチドのことで、血管拡張、心拍数減少および心筋収縮力増大を起こしたりする)を減少させ、その結果としてIGF-1という成長因子を減らしてしまうというのです。
ちなみにIGF-1についてはカプサイシン+イソフラボンの育毛生活でも紹介しています。

もちろん塩分を全くとらないのも体にとっては問題で、適切な量をとった方が健康に良いということです。

日本人の適切な塩分摂取量は

世界保健機関(WHO)は食塩摂取目標を1日5グラムとしているようです。
それに対して日本の厚生労働省によると成人男性の塩分推定平均必要量が1.5グラムで目標量が8.0グラム未満です。
日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要より)

ちなみに5グラムや8グラムというのはどんなものかというと、私の大好きな天下一品のラーメンではこってりの並一杯で6.4グラムです。。。
天下一品のホームページより)
言うまでもないことですが私は並一杯では足りなくて大盛だったり餃子定食だったりを頼んでいます。

別にラーメンとしては天下一品が特別塩分が多いというわけではなく、ラーメンとかが好きな人にとって5グラムとか8グラムとかいった数字がいかに大変かがわかるかと思います。

育毛家のための減塩生活

いつもの私なら毛髪を濃くしたいのであれば「薄毛のリスクにつながることは極力避けるべき」というストイックな行動を推奨するところですが、今回ばかりはそんなことは言えません。

個人的には好きな食べものを食べられないぐらいなら僅差でハゲを選びます。
食べものの我慢によってストレスにつながることがかえって薄毛や健康に良くないと自分の中でこじつけているぐらいです。

そうはいってもやっぱり塩分は健康やハゲに良くないので、出来る範囲での減塩生活をしつつ、代わりの薄毛対策をするようにしています。
育毛サプリ、育毛剤、十分な睡眠、適度な有酸素運動、ストレスを溜めない、元から吸わないですがタバコは吸わない、酒は飲み過ぎない、などなど。

他は頑張るのでどうか食事だけは勘弁して下さい!
体に悪そうな食べものの頻度は気持ちおさえるぐらいはしますので!

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - 生活習慣と薄毛(AGA) , ,