【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】生活習慣はどれぐらい薄毛に影響する?

      2016/07/19

【薄毛(AGA)治療】生活習慣はどれぐらい薄毛に影響する?

先日、結局のところ睡眠、ストレス、食事などの生活習慣、シャンプーなどのヘアケアはどれぐらい薄毛に影響が出るのかと聞かれました。

薄毛(AGA)の原因は特定されきってはいないから「どれぐらい」と言われてもわからないというのが回答になるのですが、それでは回答としてあれなので色々な説を紹介します。

生活習慣の薄毛(AGA)への影響

生活習慣やヘアケアが薄毛(AGA)に及ぼす影響についての回答は主張をいくつかのグループに分けることができ、各派の主張は以下のようなものに大別できます。

①AGAの主な原因は男性ホルモンから作られるDHTであり体質の問題だから生活習慣は関係ないよ派
②DHTが主な原因だけど生活習慣も関係してる可能性はあり、どのぐらい影響してるかは不明だよ派
③DHTが主な原因だけど生活習慣は薄毛を加速させるよ派
④生活習慣が原因だよ派

確実なことだけを言えば②が正解で、③も証明は出来てないけどそうなんじゃないかといわれています。

各派の主張の違い

じゃあなんでそんなに意見がわれるのでしょうか?

それにはハゲ業界の闇の深さを感じます。
まず考えられるのは商売の面からの主張です。

例えば育毛サロンだとかは直接的に医療的な手法を取れないもんだから③や④の意見をとることが多いんだと思います。
今のようにプロペシアなどのAGA治療薬が認可される前は、「皮脂が・・・」というのが育毛サロンの常套文句で、多くのハゲたちがお金も髪も毟り取られていったという話を聞きます。
皮脂を気にしすぎて頭皮ケアをやり過ぎても逆にハゲていきますからね。

それに対して医療的な立場をとるクリニックでもスタンスによって言ってくることが違うと無料カウンセリングをたくさん受けた中で感じました。
クリニックの中でも営業トークが強めだったところは①を主張してきたところがありますし、良心的なところは②と③を混ぜて主張してきました。

結局のところまだ原因が完全に解明できていない故に正解はなく、意見が割れるのです。

私が考える正解と思われる生活習慣の影響

まず「AGAの主な原因はDHT(参考:AGAの原因はこれだ!)」ということがわかっている中で④を主張してくるのは論外なのですが、そもそも薄毛の原因は科学的に解明しきれていはいません。
そのため「生活習慣は薄毛(AGA)に関係ない」という証明も無理で、①を言う人は言い過ぎとなり正解とは言い難いです。

じゃあ残った②と③のどちらかになってくるのですが、AGAの原因が完全に解明できてはいない以上は②というのが非常につまらない回答ですが現時点での正解となります。
ただし③もある意味正解とは言えて、体質以外でも様々な行動でDHTを増やす結果につながるだとか、逆に成長因子を増やすことにつながるだとかがわかってきていて、定量的なデータは不十分ながらも生活習慣は無視できないものでもあります。

そんな状況なので、ハゲは遺伝子に決定付けられた運命だと受け入れるも良し、体質面への対策へ医療の力で抵抗するも良し、回避できる可能性が少しでも上がるように生活習慣などについて努力してみると考えるもよし、方針は人それぞれになります。

ただ、様々な生活習慣による薄毛(AGA)対策は全般的な健康にも良い影響を与えるので例え髪への効果がないという結果になったとしても、やっておいて損はないと思います。
私は出来る限りAGAに抗いたいので、可能性が少しでもあることは片っ端から潰していこうと思っています。

★↓生活習慣が気になる方は、体の中から改善することをお勧めします。↓★
愛用している乳酸菌サプリの「ラクトパウダー糖白」です。

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - Q&A , ,