【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】AGA治療薬には耐性があるか

      2016/07/19

【薄毛(AGA)治療】AGA治療薬には耐性があるか

前回の「AGA治療薬はやめるとどうなるか」に関連してAGA治療薬には耐性があるかの話となります。

AGA治療薬の服用を中止するとリバウンドで元のハゲに戻る」ことを前回書きましたが、飲み続けたとしても耐性が出来てしまって結局ハゲないかというところも気になるところです。

そもそも「耐性」とは(AGA治療薬に限らず)

耐性といっても人によってその言葉のイメージが変わってくると思います。

人によっては薬剤耐性という、生物が自分に対して何らかの作用を持った薬剤に対して抵抗性を持つこと、特に細菌やウイルスなどの病原体による疾患をちろうする抗生物質などに抵抗力を持たれてしまうことをイメージするかもしれませんが、これはAGA治療薬の原理からすると当てはまりません。
フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルは細菌やウイルスに作用するものではないので。

そうなると人自身に対する耐性のこととなり、組織耐性または代謝耐性の話になり、以下のような違いがあります。

組織耐性:薬剤が作用する受容体の数が減少するなど、薬剤が作用する組織に変化が起きて薬が起きにくくなる

代謝耐性:肝臓などで薬を分解する酵素の産出が誘導された結果、体内の薬剤濃度が投与後速やかに減少してしまい、効力を発揮できなくなる

薬の耐性が出るかどうかは薬の種類によって異なり、同じ薬でも作用させたい効果によっても生じ方が異なります。
つまり、フィナステリドやミノキシジル自体に耐性があるのかどうか、さらにフィナステリドでも前立腺肥大やAGAといった狙った効果ごとに耐性はどうなのかといったことが気にすべき点となります。

ミノキシジルとフィナステリドの耐性はどうか

AGA治療薬となると、ミノキシジル成分とフィナステリド成分とデュタステリド成分の3種類がありますが、デュタステリド成分は歴史が浅くて耐性が出るほど長い期間使った人がいないはずなので今回の話からは除外します(参考:プロペシアとは何か?ミノキシジルとは何か?5αリダクターゼのタイプⅠとタイプⅡ)。

まずミノキシジルの耐性については根拠となる文献などはみつかりませんでした。
やめたらリバウンドで元に戻るという話は確かなのですが、続けた時にその効きが弱くなるのかという根拠はありませんでした。
長いこと使って効きが停滞するようになったという個人の体験談は見るのですが、単純にれはその人のミノキシジルでの治療の限界までは改善できているのかもしれません。

次にプロペシアの耐性については少ないながらもデータはあります。
効果については5年以上の継続使用で1年後より21%が改善された一方、副作用は6%だったというデータがありました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21910805

また、国内では3年(1)、海外では5年(2)にわたる長期試験成績で、プロペシア服用によってそれぞれ98%、90%の患者において男性型脱毛症の進行抑制、改善効果が認められ、試験期間中にわたって耐性は見られなかったとありました。
(1)川島 眞 他;臨床皮膚科 60(6):521-530, 2006
(2)Kaufman,K.D. The finasteride male pattern hair loss study group:Eur. J. Dermatol. 12(1):38-49,2002

つまりは耐性が無さそうですし、あったとしても薬による改善効果が出続けることで少しずつ髪が増え続けていくというデータが有力なようです。

薬の耐性をもし気にするならの対策

薬の耐性は現在わかる範囲ではなさそうで、そもそも薬に頼った治療を行う限りはそもそも薬を中断してしまうとリバウンドで本来のハゲ姿に戻ってしまうので、ハゲに抗っている最中は薬を飲み続けなければなりません

しかしながらAGA治療薬の歴史はまだ浅いというのは否めないので、今後新たな副作用リスクが発見されたりする可能性もあります。
ハゲとは関係ないですが、最近になってロキソニンに今更新たな副作用が判明したことがあったりと、薬とはそんなものなんだと思います。

そんなこともあるのでいつかは薬を飲むのを辞めたいという人もいるでしょう。
そんな人は髪が増えた後に薬をちょっとずつやめていき、生活習慣を改善し、薬に頼らない薄毛対策をするなどしていくのはどうでしょうか。

例えば育毛サプリなんかは健康対策にもなるのでオススメですし(参考:BOSTON育毛サプリを選択した理由)、副作用リスクの少ない育毛剤(参考:育毛剤チャップを選んだ理由)、副作用リスクは少ないながらも効果はFDA(アメリカ食品医薬局)認可のレーザー育毛機ヘアマックスを使うなどといった対策方法もあります(参考:ヘアマックスを買ってみる!)。

★↓禿治療の最先端、ヘアマックスはこんな感じで買えます↓★
いまなら30日間の全額返金保証がついていますー
728x90 All

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - Q&A , ,