【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】AGA治療薬はやめるとどうなるか

      2016/07/19

【薄毛(AGA)治療】AGA治療薬はやめるとどうなるか

ブログのおかげで友人からハゲ博士とか言われているのでよく質問を受けるので、受けた質問の回答をしていくシリーズです。

実は私は理系出身で修士課程を修了しているためマスターとなります(専攻にもよりますが私の年齢ぐらいの理系だと修士課程までは進むのが大多数でした)。
作画が浦沢直樹の漫画「MASTERキートン」の主人公キートンは修士課程までしか修了してないからマスターキートンであり、ドクターキートンやキートン博士ではないんですよね。

つまり私はマスターハゲまたはハゲマスターでいいんでしょうか?
ハゲマスターならカッコいいんですけど名前に負けてしまいそうでもあります。

前置きが長くなりましたが「プロペシアなどのAGA治療薬は服用を中止するとどうなるのか」という、ダイエットとかで思い浮かべるリバウンド問題について質問を受けました。

手っ取り早くハゲを改善したいなら薬の効果が高い

ハゲたらどうしたら良いかという質問をたまに友人からもらうので、考え方によって対応方針が異なるといい、状況によった方針案を提示します。

その中で副作用を度外視するならクリニックに行って薬を処方してもらって飲むのが一番手っ取り早く、更にコストパフォーマンスを重視するなら

  1. いくつかクリニックの無料カウンセリングに行って自分に合いそうなクリニックを探す
  2. フィナステリド成分の内服+ミノキシジル成分の内服+ミノキシジル成分の外用を服用してもらう(月数万円)
  3. 2~3ヶ月効果を見極められ、副作用の不安も解消できたら、クリニックに通うのは辞めて薬の個人輸入に切り替える(オオサカ堂などで月5千円ぐらい)

という流れがいいんじゃないかと言っています。
私は副作用のリスク(特に妊活中の)をおさえたいのでこの方針ではないですけどね(参考:薬は副作用が有る!?妊活中は注意!女性でも薄毛になる!?女性の男性型脱毛症)。

AGAで治療薬をやめると当然リバウンドがくる

薬で無理やりAGAを防いでいたという人は、当然ですが薬を辞めたらリバウンドがやってきます
そのリバウンドの仕方ってちょっとだけ期待しちゃいますよね。

とりあえず髪が増えたんだからまた昔の流れのように段々と減っていくんじゃないかと期待しちゃいます。
しかしながら、もし薬を飲んでいなかったらの状態まで戻ると言われています。
図で例えるならこんなイメージです。

【薄毛(AGA)治療】AGA治療薬はやめるとどうなるか
薬の効果でしょうがないとはいえ無慈悲な話ですよね。

結局のところAGA治療は目的次第で方針が変わる

AGA治療は結局のところゴールが人それぞれになり、ゴール設定次第で方針が異なっていきます。

髪の量として:現状維持が出来ればいいのか、フッサフサになりたいのか等
期間として :結婚出来るまで、子供の前でカッコいいお父さんでいたい期間まで、会社を辞めるまで等
費用の面で :月1万円ぐらいまでにはしたい、一時的であれば100万ぐらいはかけても構わない等
副作用の面で:怖い、自己責任だから出るまで気にしない、確率はたいしたことがないし症状と比べて髪の方が大事等

などなど様々な面から考える必要があり、どう考えるかによって対応方針が変わってきます。
じゃあどうすればいいのかという回答はこの場で短く答えようとすると難しいので、

  • 薬を飲み続ける覚悟をする
  • 一時的に髪を増やすのに薬に頼るが、薬に頼らない対策も準備しておく
  • 最初から薬には頼らないで頑張ってみる

などなど色々な方針があるので、まずはこのブログ内での色々なハゲ知識について一通り読んでいくのはどうでしょうか?
私も日々勉強中ですのですが、一緒にハゲ知識について詳しくなるとともに、私の改善状況を見て効果がありそうだったら私の治療方針に乗っかってみるのもいいかと思います。

ちなみに私だったらこれを読んで「薬を飲み続けた場合、薬の耐性って出てこないの?」と疑問に思うので、それについては次回書きます。

★↓薬の代表格はプロペシアです↓★

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - Q&A , ,