【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】ウーロン茶に育毛促進作用を確認 リーブ21が学会発表

      2016/07/19

a0006_000902

先日面白いニュースが発表されました。

ウーロン茶に男性ホルモン抑制作用
薄毛の原因「5α-リダクターゼ」を阻害し育毛を促進する作用を確認

リーブ21の公式発表はこちら

な、なんだって!?
ウーロン茶を箱買いしてこなきゃ!
ついでにウーロン茶を売っている会社の株でも買っておくか?

最近の他のハゲニュースはこちら:明治HD子会社が頭髪再生を理研と研究毛髪よ、再生医療でよみがえれ 資生堂が臨床研究開始へ毛生む器官、横浜国立大学にて大量培養に成功!

なぜウーロン茶に育毛効果がある?

株式会社 毛髪クリニック リーブ21は2016年3月23日にこんな冒頭のようなウーロン茶の育毛効果についての研究成果を発表しました。
ウーロン茶エキスが5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型両方の働きを阻害することを発見したということです。

つまりどういうことかというと、AGAの主な原因を断つというプロペシアなどの薬と同じ効果を、ウーロン茶という日頃親しんでいるもので実現しようということです。
AGAによる薄毛の原因は

  1. 男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」によって、悪玉男性ホルモン「DHT」に変換される
  2. DHTが毛乳頭にある受容体と結合し、髪の成長を抑制
  3. 髪の成長を抑制されたことによって成長周期が短くなり、毛が十分に成長する前に抜ける

ということで起きます(参考:AGAの原因はこれだ!)。
プロペシアなどの薬ではこの「テストステロンが5αリダクターゼによってDHTに変換される」のを防ぎます(参考:プロペシアとは何か?)。

今回発表されたウーロン茶の効果もプロペシアなどの薬と同じ5αリダクターゼの抑制効果なのです。

ウーロン茶の効果のほどは?

5αリダクターゼの阻害試験として以下のようなグラフが載っておりました。

【薄毛(AGA)治療】ウーロン茶に育毛促進作用を確認 リーブ21が学会発表リーブ21の発表より

3.0%ウーロン茶エキスだとフィナステリド(薬だとプロペシアなど)と同等ということで、副作用のリスクがある薬と同等という結果は凄いです。

ただし試験条件については注意が必要で、「ラット肝ホモジネートとラット精巣上体ホモジネートを用いて」とあったので、言わば試験管上の試験をしたに過ぎなくて、人での臨床試験といったレベルではないようです。
だとしても画期的な発表であり非常に期待したいです。

人がこの「3.0%ウーロン茶エキス」というのと同等なものを取り入れるにはどういったら良いかはわかりませんが、リーブ21はウーロン茶エキスを配合した商品開発を進める予定とのことです。

ウーロン茶3.0エキスというのに近い効果を自力で実現しようとしたらどれだけウーロン茶を飲めばよいのか、はたまたウーロン茶を頭皮にふりかければよいのかといったことがわかりませんが、ひとまずは飲み物はウーロン茶を多めに飲むように心がけます。
流石に頭皮に塗るのはいいのかどうかが現状ではわからないのでしないでおきます。

★↓今回はプロペシアをオススメしておきましょう↓★

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - 雑記 , ,