【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】5αリダクターゼのタイプⅠとタイプⅡ

      2016/07/19

【薄毛(AGA)治療】5αリダクターゼのタイプⅠとタイプⅡ

このブログ内で散々AGAの原因について、

  1. 男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」によって、悪玉男性ホルモン「DHT」に変換される
  2. DHTが毛乳頭にある受容体と結合し、髪の成長を抑制
  3. 髪の成長を抑制されたことによって成長周期が短くなり、毛が十分に成長する前に抜ける

ということを書いてきました(参考:AGAの原因はこれだ!)。
この中に出てくる5αリダクターゼは簡単に説明するために詳細を書いてはいませんでしたが、5αリダクターゼにはタイプⅠとタイプⅡの2種類があります
今回はその違いについて書きたいと思います。

5αリダクターゼはタイプによって存在する場所が違う

男性にとって必要不可欠な男性ホルモンを、成人男性にとっては悪影響ばかりが目立つDHTに変える酵素である5αリダクターゼは、タイプⅠとタイプⅡがあり、タイプの違いによって存在する場所が異なります。

タイプⅠの5αリダクターゼ:ほぼ体全体
タイプⅡの5αリダクターゼ:頭頂部、前立腺、髭などの限られた場所

AGAの原因となっているのは主にタイプⅡの方だとされていて、5αリダクターゼによって生成されたDHTは頭頂部では脱毛へとつながり、前立腺では前立腺肥大へとつながります

ただしいくらDHTが作られたといっても毛乳頭にある受容体と結合しない限りはAGAにはなっていきません。

AGAになるのは色々な条件を兼ね備えた選ばれた人間

という捉え方も出来ます。
そんな選ばれた人間(つまり我々=ハゲ)となるのは体質が一番の要因で、母方の遺伝で受容体の感受性の傾向が出ますし、父方からの遺伝も影響はあります(参考:ハゲは遺伝するか?)。

男性ホルモンのパラドックス

男性ホルモンは毛を濃くする作用がありますが、同じタイプⅡの5αリダクターゼが存在する髭と頭頂部では、男性ホルモンの効果で真逆の効果が出ます。
男性ホルモンは髭の部分では毛の発育を促進する一方、AGAを発症する人だと頭頂部の毛の成長を抑制します。

この違いについては試験管の中で再現された毛乳頭細胞の動きで実験的にわかっています。

頭部:男性ホルモン→毛乳頭細胞からTGF-β1→毛の成長抑制
髭 :男性ホルモン→毛乳頭細胞からIGF-1 →毛の成長促進

IGF-1というのは成長因子として毛の成長を促進する一方、TGF-β1はその逆の因子となって毛の成長を抑制します。
TGF-β1についてはマウスに打つと脱毛が発生するという実験結果もあります。

こういったことから、毛乳頭細胞から分泌されるTGF-β1がAGAの重要な鍵を握っていることがわかり、冒頭のAGAの原因へとつながっています。

5αリダクターゼを抑制する効果があるもの

薄毛の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるものとしては以下のものがあります。
ハゲを本気で対策したいとなったらこれらを意識する必要が出てきます。

・フィナステリド(プロペシアなど)

5αリダクターゼを抑制する効果があるものとして最も有名なものがフィナステリド成分(薬名プロペシアなど)です(参考:プロペシアとは何か?)。
これはタイプⅡの5αリダクターゼに対して効くもので、医学的にその効果が認められています。

ただし、女性の男性脱毛症に対してはフィナステリド成分は効果がないだけでなく、副作用の観点から女性に対しては禁忌とされています(参考:女性でも薄毛になる!?女性の男性型脱毛症薬は副作用が有る!?妊活中は注意!

・デュタステリド(ザガーロなど)

フィナステリドよりも歴史が浅いですが(日本ではプロペシアが2005年、ザガーロが2015年に認可)、デュタステリド(薬名ザガーロなど)という成分もあります。
こちらはタイプⅡだけでなくタイプⅠの5αリダクターゼに対しても効くもので、フィナステリド成分に十分な効果が得られなかった人にも効果があるんじゃないかと期待されています(タイプⅠの脱毛への効果は十分に判明していません)。

・亜鉛、ノコギリヤシなどのサプリ

フィナステリドやデュタステリドほどは確実なものではありませんが、亜鉛、ノコギリヤシなど、5αリダクターゼを抑える効果があると言われているものはいくつかあります(参考:薄毛対策に亜鉛は有効か?薄毛対策にノコギリヤシは有効か?)。

育毛に有効とされるサプリは効果が薬ほど証明されてはいませんが、フィナステリドのような副作用のリスク(参考:薬は副作用が有る!?妊活中は注意!)がほとんどないと言われてもいます(もちろんどんな栄養素であれ摂り過ぎや良くないです)。

★↓フィナステリドを考えるならこちらからどうぞ↓★

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - 薄毛(AGA)の基礎知識 , ,