【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】生え際の後退は回復しない?

      2016/07/19

【薄毛(AGA)治療】生え際の後退は回復しない?

(※吉本様へ:素晴らしいお二人だと思いますので拝借しますが、問題あれば画像変更いたしますのでコメント欄よりご連絡くださいませ。)

妻から受けた質問の回答をブログのネタにしてみます。

「後頭部は毛が増えたというか濃くなってきた気がするけど、生え際は回復しないの?」

濃くなってきた(ただし「気がする」)という嬉しいコメントをもらって嬉しかったのでその報告をこの場でするとともにその回答を紹介します。
回答としては完全に無理かどうかは人によるけど、無理な可能性が高いとなります。

後退した生え際では毛が残っているか?

薄毛(AGA)の進行というものは段階を経て見た目に現れてきます。

まずは悪玉男性ホルモンのDHTが原因でヘアサイクルを乱すことで、細く短い毛の割合が増えてきます(参考:AGAの原因はこれだ!毛周期(ヘアサイクル)と薄毛の関係)。
そしてそのままAGAが進行していくと、毛細胞が死滅して毛が全く生えない部分が出ていきます(参考:知らないと恐ろしい薄毛は早期対策が重要な理由)。

AGAで生え際が後退したように見える場合は、その後退してしまった生え際の部分は既に毛が生えない状態になっていて、髪が生えてくることが難しいということが多くなります。

そのため、ちょろちょろとした細い毛でも残っているかどうかが復活の可能性があるかどうかの分かれ目になります(頭皮から出ていない休止期の髪は残っている可能性はあり、その場合は望みがあります)。

事例で学ぶ復活出来るハゲ、出来ないハゲ

イメージがつきやすい人で例えると、2015年のM-1グランプリで優勝したトレンディエンジェルがいます。
コンビの斎藤司とたかし両名がハゲキャラをネタにしていますが、そのハゲ方には違いが見て取れます。

冒頭の写真で右側の斎藤司は全体的に頭頂部が薄くなってはいますが、細く短い毛がまばらながらに生き残ってはいます。
この状態であれば、薄毛治療によってヘアサイクルが正常になれば少なくともまだ毛母細胞が死んでいない毛については濃くなっていきます。
そのため、どれだけ毛母細胞が生き残っているかが勝負の分かれ目にはなりますが、望みはあるように見えます。

一方冒頭の写真で左側のたかしの方がハゲが進行していないと見えがちですが、彼は後退した生え際のあたりはつるつるとした毛のない状態になっています。
これは毛母細胞が死滅して、毛穴が埋まってつるつると光っている状態になっていると見受けられます。
なのでその部分についての毛の復活の可能性は残念ながら低いでしょう。

トレンディエンジェルが「薄毛対策をしたい!」となった場合の対策法

薄毛治療は状況によって対策出来る方法は異なってきます。

斎藤司については毛母細胞がまだそれなりに生き残っていることを期待して、フルコースの治療をしていけば望みはあるのかと思います。

  • プロペシア、ミノキシジルタブレットの内服
  • 外用薬としてミノキシジルの塗布
  • HARGや育毛メソセラピーといった頭皮への成長因子の注入
  • 育毛に効果のあるサプリをとって髪の成長をサポート

このあたりのクリニックでのフルセットの治療(クリニックによるが、最大限の効果を出そうとすると年間200万ぐらいで、回復した後も現状維持に年間30万ぐらい)をすればそれなりには回復するのではないかと思います。

たかしについては生え際の後退部分の治療方針が異なってきて、自毛植毛しか現代医療では手が残っていません
彼レベルの生え際の後退を自然な感じに戻そうとすると私レベルで200万円だったので(参考:無料カウンセリング体験_アイランドタワークリニック2)300万円ぐらいはかかるのかと予想します。

クリニックがAGA治療の普及と宣伝効果のために彼らをモニターとした治療をしてくれたりしたら面白いんじゃないかと個人的には思っています。
もっとも、クリニック側が宣伝効果のためにやるといったとしても、トレンディエンジェル自身がハゲキャラをネタにしているので対策しないと言うかもしれませんけどね。

★↓「遅かった…」という人は、アイランドタワークリニックへ↓★
現代医療の最終地点です。

アイランドタワークリニック

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - Q&A ,