【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】紫外線はハゲにつながるか?

      2016/07/19

【薄毛(AGA)治療】紫外線はハゲにつながるか?

いつかは忘れましたが、クリニックの無料カウンセリングに行った際に、頭皮の確認をしてもらうとこんなことを言われました。

「つむじのあたりが日焼けしていますね」

つまりはそのあたりは髪の毛が少ないために他の部分の頭皮と比べて紫外線を多く受けているということです。
そんな紫外線は薄毛対策としてどう影響するのでしょうか?

人類の歴史が示す紫外線の影響

人種でハゲは決まる!?で人種でハゲる傾向が出ると紹介しました。
進化論によると人種ごとの特徴はその環境にあった遺伝子が長い歴史の中で生き残った結果と考えられます。

そして、黒人は白人に比べてハゲが少ないという傾向があります。
これは生きていた環境が紫外線の影響を強く受けていたためでもあります。

人間にとって太陽の光が全くないのも問題ですが、強い紫外線というのは体に有害で、そのプロテクトのためにメラニンによって肌を黒くしています
そのため日照時間が長く日差しも強い赤道近辺に住み続けてきた人種の肌が黒くなっていると考えられています。

頭髪にとっても同様で、頭皮の部分は人間の体の頂上で太陽の光を一番受ける部分です。
そんな部分は髪の毛によって紫外線の影響を少なくすべきというのは、紫外線が強い地域に住む人間にとって当たり前とも言えます。

紫外線の頭髪への影響

そういった歴史的背景とは別に紫外線がハゲに良くない根拠はあるのでしょうか?
もちろん紫外線が髪に与える悪影響はたくさんあります。

  • 日焼で頭皮が硬くなる(つまりは毛根への血流が悪くなり栄養が届きにくくなる)
  • 紫外線で頭皮にダメージを受ける
  • 皮脂が紫外線と結合して酸化が起きる(細胞の老化につながる)

といったことなどが悪影響としてあります。
紫外線が与える皮膚がんの影響などを考えると、直感的に頭皮の細胞に悪そうというのは思いますよね。

ハゲのための紫外線対策

やはり、紫外線対策として良いのは帽子の存在です。
ただし帽子は使い方を間違えるのも良くないと言われます。

紫外線を防いでくれる帽子ですが、使い方が悪いとムレるし、衛生的に良くなくなるしと、そっちの悪影響も出てきます。
その考え方を適用するとカツラの着用も同じですね。

カツラの愛用者は夏場のムレが本当にキツいというのをどこかで聞いたことがありますが、そんなムレはハゲを余計に進めてしまうことにもなりそうですね。

★↓ムレた頭はしっかり洗ってあげましょう。↓★
私はこんなシャンプー使ってます。


私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - 薄毛(AGA)の基礎知識 , ,