【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】ハゲ隠しの革命オールフロント

      2016/07/12

【薄毛(AGA)治療】ハゲ隠しの革命オールフロント

アメリカの大統領選が盛り上がっていまね。
我々ハゲ界の住人は現時点で共和党の候補者指名争いで支持率首位を走る不動産王ドナルド・トランプに注目しちゃいます。
なぜでしょうかね。

けど、日本にはもっと素晴らしい政治家がいます。
その名は山崎拓元自民党副総裁です。
今回はその素晴らしさを紹介します。

ハゲとの戦い方の色々

話は変わって(変わってない?)、ハゲとの戦い方には大きくわけて3つの戦い方があります。

  1. なんとかして自分の毛を増やそうと頑張る
  2. ハゲていないよう偽装する
  3. ハゲをうけいれる

更に細かく分類は出来ますが、大きくわけるとこの3つです。
ね、簡単でしょ!

今日は2番の偽装工作の話をします。

人の好奇心を刺激するハゲ隠し

人は何かを隠されているとそれを暴きたくなるものです。
そして、何かに興味を持っていると、それに対する些細なことも気付きやすくなります。
我々ハゲ界の住人にそれを当てはめるなら、自分がハゲているからこそ他人のハゲ隠しに対して厳しい目を持っているということです。
ズルはよくない!という感じに?

冒頭のドナルド・トランプに話を戻しますが、誰もが一度は彼の髪型はいったいどうなっているのか気になりますよね。
あんな髪型だったらいったいシャンプーした直後の髪型はどうなっているのかと気になってしょうがないです。

仮にハゲていてそれを気にしていたとしても、大富豪である彼であれば金の力を使えばいともたやすく何らかの最善な解決方法がみつかるはずです。
例えば手っ取り早く植毛をしたり(参考:無料カウンセリング体験_アイランドタワークリニック2)。
それなのにそうしないのは、彼は戦略的にあんな髪型にし、人々の深層心理に彼への興味をかきたてることを狙っているんじゃないかと思えてなりません。

それとも例えばカエサルのようなハゲ散らかした歴史的偉人を尊敬していて(参考:ハゲ対策の歴史)、ハゲ隠しまでもその偉人を真似しているとか?

オールフロントという衝撃のハゲ隠し

ハゲ隠しを戦略的にバレバレにしているのであればそれはそれでいいのですが、ハゲ隠しの本質はいかに自然に仕上げてばれないようにするかです。
その観点で私がかつて凄いと思ったのは山崎拓元自民党副総裁です。
彼はYKKという加藤紘一、小泉純一郎との盟友関係でも有名ですよね。
私ぐらいの年代だと「山拓」という愛称だったのが、週刊誌などで女性問題で騒がれて「エロ拓」へと愛称がバージョンアップしたのも覚えているのではないでしょうか。

そんな山崎拓先生の凄いことは髪型の素晴らしさです。
私はかつて彼の髪型はオールバックだと思い込んでいました。
一見するとそう思えます。

しかし、「オールフロント」ということを頭に入れながら、以下の画像達をじっくり眺めて見て下さい。
何かが見えてきます。

参考画像達

何かがひらめいたでしょうか?
そうです、誰が「オールフロント」というかっこいい名称を思いついたのかは知りませんが、オールバックとして髪を前から後ろに持ってきているのではなく、後ろから前にオールバックに見えるように髪を持ってきているのです。

この髪型を維持する理容師もしくは美容師、髪型をセットする山崎拓先生ともに、素晴らしい技術力です。
私は山崎拓先生を見ると日本の技術力はアメリカには負けていないんだとハゲまされます。

ちなみにハゲにまつわるムダ知識ですが、カツラ業者はカツラ使用者用の理容師も抱えているらしいです。
カツラを被った状態での自然な仕上がりになるように髪を切る技術も必要ですからね。

★↓ハゲ隠しといえばアデランスでしょ!こちらからどうぞ↓★


私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - 薄毛に関するあれこれ ,