【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】遺伝子検査の結果について調べてみた

      2016/07/12

【薄毛(AGA)治療】遺伝子検査の結果について調べてみた

必見!衝撃の遺伝子分析結果!での遺伝子検査の結果では私はハゲにくいということだったので、じゃあなぜハゲているんだともう少しだけ調べてみました。
結果として自分はテストステロン(善玉な男性ホルモン)が強いんじゃないかと勝手に思いました。

つまりは、オスとしては優秀なんですよ!
・・・前にもいったかもですがハゲは前髪前線が後ろ向きでも気持ちは前向きじゃないといけません。

薄毛(AGA)の原因と遺伝子検査

AGAの原因はこれだ!でも紹介したように、AGAの人は以下のようなことが起きています。

  1. 男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」によって、悪玉男性ホルモン「DHT」に変換される
  2. DHTが毛乳頭にある受容体と結合し、髪の成長を抑制
  3. 髪の成長を抑制されたことによって成長周期が短くなり、毛が十分に成長する前に抜ける

この受容体とはアンドロゲンレセプターと呼び、人それぞれがアンドロゲンレセプターでDHTと接合しやすいかどうかの体質が違います。
その受容体とDHTの接合しやすさの体質をCAGリピートと呼ばれる遺伝子配列で判定されます

CAGリピートの数値は低いほど受容体とDHTの接合のしやすさは増え、24以下だと接合しやすいとされていました。
ちなみに私の数値は24なのでその考え方だとギリギリ接合しやすい部類になります。
なんだ、じゃあギリギリハゲやすい部類なのかな?

DSC03158

CAGリピートとGGCリピート

では検査結果にあったCAGリピートとGGCリピートとの合計とは何なのでしょうか?
どうやらCAGリピートという遺伝子配列だけではなくGGCリピートという遺伝子配列も合わせることでAGAリスクが大きいかがわかるということです。

現在日本で行われているAGA遺伝子検査は、主にAR上の「c,a,g」という三つの塩基と「g,g,c」の三つの塩基が繰り返す数、いわゆる「CAGリピート」と「GGCリピート」数の合計を調べる検査である。GAGリピート数+GGCリピート数の基準値を38とし、それより少ない場合は「AGAリスク大」、多い場合は「AGAリスク小」と判定されている。
1998年に報告された、48名の男性と60名の女性を対象にした試験を皮きりに、アンドロゲンレセプター(AR)と男性型脱毛症(AGA)のリスクにおける多型との関連を示す報告が多数ある。[13]ただし、CAGリピート数とGGCリピート数を合計しない個別の数値では、AGAリスクの間に相関は認められなかった。[14]

「男性型脱毛症」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2016年1月31日11時

なんだか混乱してきましたが、難しいことは考えず、とにかくCAGリピートとGGCリピートの合計が38以下だとDHTの影響を受けやすいんだというざっくりな理解をしました。

AGAの遺伝子配列は女性から遺伝する?

このCAGリピートとGGCリピートというのはX染色体上にあります。
これはどういうことでしょうか?昔生物で習った、男性はXY、女性XXの染色体を持つということに関わってきます。

子供が生まれる際は両親から染色体の片方ずつをもらうので、

  • 父親からX染色体をもらった場合→母親からは必ずX染色体をもらうので、合わせてXXとなり子供は女性となる
  • 父親からY染色体をもらった場合→母親からは必ずX染色体をもらうので、合わせてXYとなり子供は男性となる

ということが起きています。
そのためCAGリピートとGGCリピートというのはX染色体にあるということは、男性の場合は母親からのX染色体内にある遺伝子配列を引き継いでいることになります。
(女性の場合はX染色体を父親からも母親からももらっています)

つまり受容体がDHTの影響を受けやすいかどうかの遺伝子は母方からの遺伝であり、自分がその遺伝子を持っていた場合は娘の息子に遺伝していくことになります。

もちろん薄毛の要因はこの要因だけではないですけどね。
受容体がDHTの影響を受けにくかったとしても、例えば「男性ホルモンのテストステロンがそもそも多い→DHTが作られやすい→DHTが多すぎて防ぎきれない」みたいなこともあるかもしれませんからね。
(参考:オナニーのし過ぎははげる?筋トレハゲ論争

★↓AGAキットはこちらから↓★
俺も気になるというハゲ予備軍の諸君、是非やってみてください。


私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - 薄毛(AGA)治療のためにまずすること ,