【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】毛周期(ヘアサイクル)と薄毛の関係

      2016/07/12

【薄毛(AGA)治療】毛周期(ヘアサイクル)と薄毛の関係

体毛には1本1本異なった生えかわりのサイクルがありこれを「毛周期」といいます。
我々ハゲが気にするのは特に髪の毛の周期ですけどね。

体毛の毛周期について

なにも抜けては生えてを繰り返すのは髪の毛だけでもありません。

ヒゲ、眉毛、わき毛、ビキニライン、手、脚・・・。
脱毛サロンとかでは何をトチ狂ったか大切なお毛々様を自ら抜くというよくわからないことをします。
すみませんウソつきました、私もヒゲとかの体毛は濃いので邪魔です。

そちらの世界では「ムダ毛」という言葉で表された毛の脱毛処理をしても、「休止期」にあたり表に出てきていないだけの毛があるため時間が経つと対応が不十分な状態になってきます。

髪の毛の周期であるヘアサイクルについて

髪の毛も他の体毛と同様に毛周期が存在し、髪の毛が頭皮から出ているのはあくまでも「休止期」ではない毛です。
ヘアサイクルは簡単に言うと以下の3つの周期を繰り返します。

・成長期:すくすくと成長していく頼もしい期間で2~6年
・退行期:成長が止まってしまう悲しい期間で2~3週間
・休止期:新たしい毛のために抜けていく早くすぎて欲しい期間で数ヶ月

髪がフサフサの人は成長期の毛が多いですし、ムダ毛を脱毛をしても毛が生えてしまうのは休止期で隠れていた毛が処理しきれなかったためですし、薄毛の人は休止期の毛もしくはヘアサイクルが終わったしまった毛ばかりの状態となります。
なぜかというと、成長期が上記の適切なヘアサイクル期間ではなくなっているからです。

薄毛の人のヘアサイクル

憧れの髪の毛フサフサ状態の人は必然的にヘアサイクルが成長期の髪ばかりになります。
上記の「成長期:2~6年、退行期:2~3週間、休止期:数ヶ月」という期間の長さの差を考えると、確率的に成長期の髪の毛の割合が多くなるはずなのです。

ちなみにこの髪が抜けるまでのサイクルと、平均的な髪の量である10万本という数字から計算して、通常は1日に50~100本は抜け毛が発生するということになります。
抜け毛観察日誌15日目~のような入浴時だけで100本ぐらい、1日全体で言えば200本ぐらいの抜け毛というのはヘアサイクルが正常ではないとなりますね。

じゃあ薄毛の人がどういうヘアサイクルになっているかというと成長期が数ヶ月になってしまっています。
成長期が数ヶ月というと、単純計算で成長期と休止期の髪の毛の量が同じぐらいということになります。
成長期といっても最初のころはまだ長さも太さも成長の途中なので実質的に細くて短い毛ばかりとなってしまいます。

ヘアサイクルの乱れの果ては恐怖の結末が

知らないと恐ろしい薄毛は早期対策が重要な理由で紹介したように、ヘアサイクルの乱れが続くと抜けては生えての繰り返しが終了して毛が生えてこない状態がやってきます。

人間の細胞の再生回数は40~50回と言われていて、髪が生える毛母細胞も同様なのでヘアサイクルが乱れると

  • 正常なサイクル:2年×40回=80年
  • 乱れたサイクル:2年×10回+0.5年×30回=35年

というような、「20才ぐらいまではサイクルが正常だったがそれ以降はサイクルが乱れ続けていて30代中盤で毛母細胞が死滅」という恐ろしいモデルケース(もしかして私の生え際はそう?)がやってきます。

そうなる前に少しでも早くの対策をしましょう。
手遅れの人は、ハゲを受け入れるか植毛ですかね。

植毛を行われる場合は↓からどうぞ。

体験談はこちら(参考:【薄毛(AGA)治療】無料カウンセリング体験_アイランドタワークリニック【薄毛(AGA)治療】無料カウンセリング体験_アイランドタワークリニック2
アイランドタワークリニック

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - 薄毛(AGA)の基礎知識 ,