【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】筋トレハゲ論争

      2016/07/12

【薄毛(AGA)治療】筋トレハゲ論争

我々ハゲ界には筋トレハゲ論争というものがありました。
筋トレするとハゲる!」という説がありながらも、「薄毛対策には運動不足解消を!」という説もあり、どっちが正しいのかよくわからない状態でした。

結論としては以下が正しいです。

  • 元々ハゲにくい人は筋トレしても大丈夫
  • ハゲやすい体質の人は筋トレなどの無酸素運動が薄毛促進の要因になる
  • ジョギングなどの適度な有酸素運動はした方がいい

薄毛(AGA)の主な原因はDHT

何度も繰り返し書いていてミミにタコですが、薄毛(AGA)の原因として男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」によって、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されることが主な原因としてわかっています(参考:AGAの原因はこれだ!)。

このDHTが作られやすいかどうかは遺伝子的な体質でまずは決まり、ハゲにくい人は生活習慣がひどくてもハゲていきません。

しかしながら「オナニーのし過ぎはハゲる?」でも書いたように、ハゲやすい体質の人は男性ホルモンが増えることでDHTが更に作られやすくなるため男性ホルモンを増加させることに注意する必要が出てきます。
(参考:髪が伸びるのが速い人はエロい?そしてハゲる?オナニーのし過ぎはハゲる?

筋トレは男性ホルモンを増やすから薄毛の要因になる

ハゲやすい人は男性ホルモンを増やすとよくないということがわかりました。
ではそれが薄毛にどう良くないかというと、筋トレは男性ホルモンを増やしてしまうのです。

男性ホルモンであるテストステロンは筋肥大を促進する効果があるといわれていて、筋トレなどの無酸素運動をするとより強い筋肉・骨格を形成しようとして男性ホルモンの分泌を増加させるように脳が働きかけます。
以上から結論はこうなります。

筋トレはテストステロンを増やす→ハゲやすい人は男性ホルモンのテストステロンを増やすのは薄毛対策に良くない→筋トレは薄毛対策に良くない

もっとも、運動不足も血行が悪くなったり、そもそも健康によくなかったりして薄毛対策として良くないです。
筋トレという筋肉を徹底的にいじめて回復をさせる無酸素運動は良くないですけど、ジョギングなどの有酸素運動は適度に必要です

薄毛対策には何事も程々が良いということですね。

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - 薄毛に関するあれこれ , ,