【ハゲ】医者に頼らない薄毛(AGA)治療日記

薄毛に悩む30代が必死に頭髪を増やすべく戦うブログ

【薄毛(AGA)治療】知らないと恐ろしい薄毛は早期対策が重要な理由

      2016/07/12

【薄毛(AGA)治療】知らないと恐ろしい薄毛は早期対策が重要な理由

薄毛(AGA)対策は早期対策が重要というのは、もはやハゲ界にとっては常識と言っても過言ではありません(このくだりは2回目です)。
しかしながら、なぜ重要なのかはハゲ対策をしようと本気で考えるまではわかっていませんでした。

薄毛が進行し過ぎるとカツラか植毛ぐらいしか対策がない

進行によって薄毛治療法は違う!で書いたように、薄毛には段階に沿って必要な対策があり、段階が早いほど対策が楽で費用も安くすみます。

AGAはDHTによってヘアサイクルの乱れが発生して毛髪が薄くなってしまいますが(関連:AGAの原因はこれだ!)、ヘアサイクルの乱れが進んだまま時間がたつと毛根細胞が死んでしまいます。

死んだ毛根細胞が復活することは現状ないため、

  • 自分の毛髪はもう生えることはないと諦めてカツラをかぶる
  • 自毛植毛でヘアサイクルが正常な部分の毛髪を持ってくる
  • ハゲを受け入れる

という選択肢ぐらいしか残ってきません。
人生において選べる選択肢が少なくなっていくのはとても悲しいことです。

対策が早いほど治療効果は高まる

これは説明するまでもなく、なんとなく想像はつくことだとは思います。
毛髪において、失った毛を再生するよりは失わないよう保つ方が簡単です。

そもそも薄毛はヘアサイクルの乱れで起きます。
ヘアサイクルは通常「成長期→退行期→休止期」を何年もかけて繰り返すのですが、ヘアサイクルが乱れると成長期が十分ではなく、その毛根の位置において、「毛が成長しきらず細い、短い、休止している」という状態が多くなります。

「毛が細い、短い、休止」の割合が増えると見かけでわかる薄毛となりますが、早期対策であればヘアサイクルを正常に戻しやすいのです。
そして、ヘアサイクルの乱れた結果、非常に恐ろしいことがやってきます。

毛母細胞には寿命があり、寿命を迎えてしまうともうそこから発毛はありません。

人間の細胞の再生回数は40~50回と言われていて、ヘアサイクルが乱れると

  • 正常なサイクル:2年×40回=80年
  • 乱れたサイクル:2年×10回+0.5年×30回=35年

というような、「20才ぐらいまではサイクルが正常だったがそれ以降はサイクルが乱れ続けていて30代中盤で毛母細胞が死滅」という私からすると非常に恐ろしいシナリオが見えてくるのです。

薄毛対策は早く手をつけないと手遅れになるという理由はこういうことだったのです。

やってしまった、、、という人は、植毛をお勧めします。

自毛植毛・薄毛解決ならアイランドタワークリニックがお勧めですので、ここまで行ってしまった人は↓へ。
アイランドタワークリニック

私のハゲ(AGA)が改善できた薄毛対策方法

★↓ブログランキングに登録しています↓★
記事が面白ければクリックしてもらえれば幸いです。

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

 - 薄毛(AGA)の基礎知識 , ,